持ち帰り後の魚の鮮度は締めで決まる

魚の持ち帰りには鮮度を保つ処理が不可欠です。
釣った状態の魚をそのままにしておくと、やがて時間の経過と共に生臭い臭いが発生します。
生きている間は特に進行が早く、締めない限り傷み続けてしまいます。
この生臭さは、内臓や血から発生するので、早めに取り除いて処理する必要があります。
また、ストレスも傷みが進む原因ですから、魚は手早く処理して締めることが重要です。
処理を行う時間がない場合は、少なくても内臓だけは取り除き、最低でも胃袋は外しておきましょう。
また、小魚はまとめて氷締めをしておくと、傷みにくくなって鮮度が保てるようになります。

鮮度を維持して持ち帰りすると、その魚は付加価値の付く商品にもなります。
鮮度の良い魚と、そうでない物が並んでいた場合、多くの人に後者を選ぶ意味はないはずです。
理由は簡単で、活きが落ちると美味しくなくなるのは明らかですから、新鮮さを保つことが何よりも大切であるか改めて理解できます。
限りなく釣りたての状態で持ち帰りすると、魚は新たな価値を持つ商品に変わります。
新しい価値とは、鮮度が良く使いやすい状態で再販できたり、加工して新たな商品に作り変える選択肢も加わる点にあります。
何れにしても、持ち帰りは活きの良さがその後を左右しますから、仕入れの段階で鮮度維持の処理を済ませることをおすすめします。

持ち帰り方一つで、美味しくも不味くもなるのが繊細さを持つ魚の特徴です。鮮度を保ってイワシの臭みを抑える!お店で使える保存方法の裏技紹介にもありますが、釣り上げた魚は、当然ながら本能的に元いた場所に帰ろうとしますから、締めないと暴れて身が傷んでしまいます。
陸地に揚げられた後は、次第に元気がなくなり動きが鈍くなるので、何時までも暴れ続けることはありません。
しかし、暴れたダメージは確実に身に蓄積しますから、一旦傷み始めると劣化の進行が早くなるでしょう。
それだけに、魚は釣り上げた直後の処理が肝心で、処理の上手い下手も味に影響するほどの繊細さを併せ持っているといえます。
一般的に、持ち帰りは難しいというイメージはありますが、それは仕入れ方に原因があると考えられます。
お客の要望に応えてくれるお店は、鮮度を保てる締め方を理解していたり、食材の使い道に応じて下処理をしてくれるものです。
魚に詳しい漁師に近い卸業者ほど、少しでも釣りたてに近い美味しさを味わってもらいたいと考えていますから、お客に合わせてサービスを提供している姿勢に納得できます。
氷締めをした場合は、クーラーボックスに氷を入れて、袋や新聞紙などで包んだ状態で保存します。
氷と直接触れるように入れると、変色や身の傷みを引き起こしますから、必ず何かに包んで保存することがポイントです。
移動中も鮮度は少しずつ落ちるので、なるべく早く持ち帰りを済ませ、適切な状態で冷蔵庫に保存しましょう。

魚を持ち帰り保管する前にも、処理をしっかりと済ませることが大切です。
処理済みで締めていたとしても、血が残っているとそこから雑菌の繁殖や劣化が起こりますから、持ち帰りの後も再度状態を確認することが肝心です。
血が残っている場合は念入りに洗い流し、水分を拭き取ってから冷蔵庫に入れましょう。
魚の脂や体液、頭の部分も劣化要因に加わるので、できれば落としておくのがベストです。
もし、これらの処理に自信がない時は、仕入先に対し購入時に素直に伝えれば、ある程度はお店側でやってくれます。
一方、冷蔵庫に入れる前におろしておくと、血や脂などの劣化要因が十分に取り除けますし、調理に使いやすくなるので一石二鳥です。
正しく加工できている魚は、冷蔵庫から取り出した後も生臭さはなく、適度な弾力を保っていて身が引き締まっています。
身は誰が見ても綺麗な色をしていますから、見た目の美しさも処理の良し悪しを判断する材料になります。

鮮魚の卸売を簡単にするなら、インターネット対応の売買が選択肢に加わります。
活きの良い魚を締めた状態で取り扱いたい、でも理想的な売買方法が見付からない場合は、インターネットが悩みに応えてくれるかもしれません。
インターネット対応の売買方法は、新たなビジネスチャンスに結び付いていますし、売りたい人と買いたい人が繋がる点が魅力的です。
例えば、売りたい人は締めた状態で市場から持ち帰り、販売に適した状態に加工すると、付加価値のある商品として店先に並べられます。
後は商品を欲しがる人を見付けるだけですが、この段階でインターネット発注に対応することで、鮮度を保ったまま商品を販売できるビジネスチャンスに発展します。
買い手側の視点に立っても、インターネットで簡単に仕入れられる仕組みは便利で、仕入れの手間や難しさが大幅に改善されると感じられるでしょう。
こういった仕組みは既に登場していますし、プロの業者の間で活用されているので、これからの時代に合った流通システムだと評価できます。
一般的にも少しずつ認知され、利用されるようになっていますから、今後普及して身近な売買方法に変わるポテンシャルを秘めています。
売買方法が進化しても、やはり鮮度を落とさない締めの重要性は変わらないので、綺麗に処理して鮮度を大切にする人の技術はこれからも求められます。