プロだけが知っている!パンフレット作成のコツ

各イベントや観光名所、映画館やライブコンサート、あらゆるシーンでパンフレットというのは配布されるものですが、それらをずっと大事に取っているという人はあまり多くありません。

大好きなアーティストのものであったり、恋人との記念に出向いた場所のものであれば記念として保管している、という人もいるかもしれませんが。そうでないかぎり、再度そのパンフレットを開く機会には恵まれることはそうそうありません。

しかし、運営側としてはたとえ簡単に処理されるものであっても、それなりの費用をかけて作成しているものです。なにかしら、次のビジネスへの架け橋にならないかと考える人も多いことでしょう。
実は捨てられないためのコツというのがあります。ほとんどのパンフレットが捨てられてしまうのには理由があります。

それは「記念」という価値観が薄れてしまった場合に、保管の意味がなくなってしまうからです。逆に言えば、保管の意味さえあればそれらは大切に扱われることになります。手段のひとつとしてタイムラグを使うというコツがあります。

たとえばQRコードを印刷しておいて、配られた時点ではそこにアクセスできず、時間を置いてアクセスし、ページを開けばユーザーに有益な情報を提供できるようにするという方法です。そうすると捨てられず、大事に保管される可能性が上がります。

また、次のイベントへのクーポンになるというサービスを作成しておけば、それらは捨てられず、次の利益につながることになるでしょう。