DMの効果について知ろう

メールでの広告と言うのは、郵送料などのコストをかけずに一度に数千から数万人に対して送信が出来るなどのメリットが有りますが、メールの場合は迷惑メールフォルダーに格納されてしまい、受け取った人が気付かない場合や、タイトルを見ただけでDMだと解り、迷惑に感じてゴミ箱に入れられるなど削除されてしまうケースも在るなど、メールは残らないケースが出て来ます。

葉書や封書の場合も、中身を見ないでそのままゴミ箱に捨てられてしまう事も在りますが、工夫次第で手元に残されるなどの効果を期待出来ます。
メールはあくまでも電子データで、葉書や封書などのDMは形が残るため、効果の期待も大きくなります。

但し、成果が出るかどうかは内容次第で有ること、葉書の場合は裏面が広告となるので、裏面を見て貰える工夫、そしてインパクトを与えて興味を抱かせる工夫が必要です。
この工夫により、葉書は手元に残され、後日商品購入に至るケースも期待出来るようになります。

封書の場合は、開封して貰えるかどうかで成果が決まってきます。
開封されずにゴミ箱に捨てられてしまう事もあるため、開封を促す工夫を取り入れておくことが大切です。

例えば、割引券が中に入っているなど、受け取った人が魅力に感じる事が記載されている事で開封を促す事が出来るようになり、開封された広告には、葉書と同じようにインパクトを与えるメッセージが綴られている事で広告をゴミ箱に捨てずに保管をするなど、DMの効果を期待する事が出来ます。