チラシとDMの違い|DMの効果と作成方法

商品の売り上げを伸ばすために、さまざまな販促施策が行われていますが、その中でも代表的なものとして挙げることができるのが、チラシとDMです。
前者の場合は街頭で配布したり、ポスティングなどの形で配布されることがほとんどです。実際に販促活動を行っている商品のターゲットの手に渡っているかどうかは、あまり確実性が高いとは言えません。年齢や性別などのセグメントが行われず、限られた範囲内の人に配布されるため、実際にはあまり販促効果が上がっていないことも少なくありません。
それに対して後者の場合には、配布物の制作を企画し、発送先のリストを作成する際に、ターゲットとなる対象のセグメントを行うことが可能です。発送先リストを作成する際には性別や年齢、地域などの絞り込みができるため、販売ターゲットとして想定している対象に対して発送することが可能です。
DMの場合には、配布物を制作する費用に加えて、発送用のリストを制作する経費、配送のための費用もかかるため、チラシと比較すると1通あたりの費用はかかります。けれども確実にターゲットとなる対象に対して発送することができるため、より販促効果は高くなることが期待できます。
商品の販売促進活動を行う際には、販売する商品に適したさまざまな施策が行われます。ランディングページの制作もその一つです。それらの施策の中でも、DMはチラシよりも想定している購買層に対して直接に訴求することができるため、より大きな販促効果を発揮しています。