化粧品販売におけるDMの効果とは

DM(ダイレクトメール)の効果はあなどれません。たとえば化粧品の場合、デパートの化粧品カウンターで化粧水やメイクアップ製品を一つでも購入したときには会員登録という目的で氏名、住所、年齢、電話番号、メールアドレスといった情報を化粧品メーカーに提供します。そのさいに肌の悩みやその時に購入した商品の記録も残すので、次回また来店した時に肌にあう商品をすぐに見つけてもらうのに役立ちます。メーカーは、そのあと新製品が発売されたときには新製品の発売のお知らせと使用した場合の効果を紹介するDMをお客様に郵送します。インターネットが発達した現代では案内はemailで送られてくることも増えています。そのメーカーの商品を使用してみて気に入ったお客様は、そういった案内が手元に届くと新しい商品にも興味がわき、購入を考えるために再びカウンターを訪れてくれ、売り上げに貢献するでしょう。しばらくはカウンターを訪れる機会がないお客様にもそのメーカーの存在を忘れないようなアピールになるでしょう。またDMは新製品の案内だけではなく、割引のキャンペーンやクリスマスコフレの販売のお知らせなど特別な価格での販売時期や商品のお知らせもしてくれます。特にクリスマス時期のクリスマスコフレは毎年とても人気があり、かわいいポーチにファンデーションや口紅、アイメイク用のパウダーといった人気商品をセットにして各メーカーがそれぞれ販売します。