化粧品メーカーのDM作成の目的について考えよう

化粧品メーカーが顧客に対してDMを送る目的として、自社の商品を使い続けてもらうということを挙げることが可能です。新しい顧客を開拓することにプラスして、一度買ってもらった人々もターゲットに含みます。そのようにすることで、新規顧客と既存顧客に買ってもらうことができるという利点が存在するのです。
新規の顧客も一度商品を購入してもらえば、既存の顧客としてカウントすることが可能となります。すなわち、新規顧客獲得は既存顧客の増加ということに繋がるため次のような考え方をすることができるようになります。それは、一度買ってもらった人々にDMを送ることによって新たな商品の案内をすることができるのです。同時に顧客に対して感謝のメッセージなどを送ることによって、良い印象を与えることが可能です。それと同時に、購入後においても繋がりが存在しているということを伝えることができるのです。
化粧品メーカーがリピーターを増加させるという目的は、顧客確保という側面を持ち合わせているのです。今日の新規顧客は明日の既存顧客となり、その人たちに対する商品の案内も重要なことに繋がっていきます。新規だけでなく既存にも視野を拡大することで、様々な戦略のパターンを考えることができるようになります。また新規の人々向けと既存の人々向けという形に分類していくことで、異なった商品も提供できるようになります。またそれによって、新たな商品展開の可能性や自社のランディングページ構築も探っていくことができるようにもなります。