人間が素手でつかむと魚はやけど

人間の体温は、平均36~37度です。この温度は、外気の温度がそれ以上になっても、それ以下になってもほぼ一定に保たれ変わることはありません。人間のような体温システムを持つ動物を定温動物と言います。人間はこの体温を保つために、汗を出したりして自ら調整しています。また、寒いところに長時間いたりすると体が震え出したりしますが、これは震えという形で自ら細かく筋肉を動かしてエネルギーを使って熱を作り出し、体温を上げようとしているのです。一方、魚は周りの水の温度の影響を受けて、体温を変化させていきます。このような動物は、変温動物と呼ばれています。彼らが棲んでいる海や川の温度は、人間の体温よりもはるかに低い温度です。夏になると海水浴に行ったり、川遊びをしたくなるのも、この海や川の低い温度の水が火照った体を冷やしてくれて心地良いからです。海や川の温度は、地域によって違い、季節によっても変わっていきます。魚は、棲む場所の水温に合わせて体温を変化させます。例えば、水温20度の海に棲んでいると、その体温も20度に近くなっていき、水温10度の場所に棲んでいると、その体温も10度に近くなっていきます。
魚は、サケのように比較的水温の低い海を好むものもいれば、熱帯魚のように暖かいサンゴ礁の海に棲むものまでさまざまです。そんな中、春から夏、秋と棲む場所を変えるものもいます。回遊魚と呼ばれる仲間たちです。これらは、自分の好む水温の場所を求めて移動していくのです。たとえば、カツオは春から夏にかけては上りガツオと呼ばれて黒潮に乗って三陸沖へと向かい、秋から冬には下りガツオと呼ばれて来たコースを下っていきます。
ところで、渓流のアユ釣りは友釣りという独特の釣り方で狙いますが、これは生きたアユをおとりとして泳がせて、自分のなわばりのなかに入ってきた他のアユを追い出そうと攻撃してくるアユの習性をうまく利用して釣るものです。友釣りをはじめようとする際は、釣り人はおとりのアユを掴んで仕掛けにセットするのですが、川の水の中に自分の両手を浸して、十分に冷やしてからおとりのアユを掴むようにします。そうしないと、おとりのアユがやけどを負ってしまい、いっきに弱ってしまうからです。魚の体温ははるかに人間の体温よりも低いものです。生きた魚を素手で掴むと急に暴れ出すのは、じつは急にやけどを負わされるような目に遭って、何とか逃げ出そうともがき苦しんでいるのです。
参考記事:マスを仕入れてみませんか?マスの種類解説とおすすめのレシピ3選