雪の日は魚がよく釣れる

昔から、雪の日には、魚がよく釣れると言います。
これは、低気圧が関係していたり、水中の酸素量の問題などが関係するのではないかと言われていますが、実際はよくわかっていません。
ただ、雪の日であっても、魚が水中にいることは確実ですし、餌が少ない時に投げ入れることで、食いつきがよくなるのかもしれません。

冬に釣れる魚としては、ハマチやカマス、キンキ、キンメダイ、サバ、サワラ、ししゃも、ふぐ、ワカサギなどがあります。
冬に釣りをする場合には、冬の海について知識をもっておく必要があり、地上の四季とは1ヶ月程度のずれがあります。
地上では、12~1月頃が真冬と言われていますが、海では2~3月頃が真冬です。
この時期には比較的温かい場所に魚が集まってきますから、ポイントを探すのが重要です。
スズキは内海でも釣ることができ、アイナメは、冬になると浅瀬でよく釣れます。
カサゴは緩やかな湾内や漁港に集まり、寒さに強いので浅瀬でも釣ることができます。
冬の夜釣りは北風が吹き荒れるので、とにかく寒く厳しい環境になりますが、そんな寒さを耐えてでも、魅力的な釣りが少なくありません。
アオリイカは、昼夜を問わずねらえるため人気がありますが、夜の方がよく釣れる傾向にあり、夕方から夜の10時位までがベストな時間となります。
アオリイカは、海水温が18℃を切る頃からエギへの反応が一気に低下していきますから、活き餌で、泳がせ釣りをするのがおすすめです。

漁港はアオリイカにとって好ポイントになることが多く、足場もよい釣りやすいポイントを探すとよいでしょう。
ただ、一口に漁港といっても、アオリイカが好んで居つくポイントがあるので、一つ一ついそうなポイントをつぶしていくとよいでしょう。
抑えておきたいポイントとしては、テトラや堤防の先端周辺、常夜灯周辺、根周り、船置き場周辺があります。
アオリイカは遠くにいるとは限らず、意外と足元にいる場合もありますから、ロングキャストをして巻き取るときには、手前だからといって巻き取ってしまわずに、足元ぎりぎりまでしっかり誘うようにするとよいでしょう。
あおりイカを卸売する方法や仕入れはそれぞれの漁港や市場で行っていますが、春にならないと大物にお目にかかることは少ないため、冬場はまだ小さいものが多いといえます。
イカの王様と呼ばれるほど、味はぴかいちで甘くてねっとりした食感をしています。
熱を加えても硬くならないので、天ぷらなどにもおすすめです。あおりイカ徹底解剖!仕入れに役立つさばき方とレシピも紹介も必見ですね。