魚へんに参の文字が入ると鯵

魚には様々な種類がありますが、和名として文字を書くとなれば魚へんのものも多くあります。その一つに、鯵があります。魚へんの右側にくるものはその魚を表現した文字が入ることが多く、鯵となると美味しくて参ってしまうという意味であったり、群れで行動をすることから参集するという意味から参がつけられたと言われています。鯵はさまざまな料理に利用ができる使い勝手の良い魚でもあり、生で食するのであっても刺身やたたき、なめろうがあり、他にも開いて干物にした焼き魚、からあげやフライなどの揚げ物、つみれにして汁物にするなど鯵だけでフルコースができてしまうほどです。メインディッシュとしてもお酒のおつまみ用の一品料理としても活躍をすることになり、飲食店では欠かすことができない食材となります。

鯵は、それほど大きな魚でもないので、一匹捌くにしても非常に時間がかかってしまいます。新鮮な鯵を手に入れてスタッフに捌いてもらうというのも、お客さんに美味しいものを提供するためにも必要なことではありますが、人件費がかかることから提供する料理の値段も高くせざるを得なくなってしまいます。安くておいしい食事を提供したいという場合には、業務用食材を取り入れてみるといいでしょう。仕入れれば客層拡大!必ず喜ばれる絶品国内あじの開きブランド5選が参考になります。

今日では、冷凍技術の発達によって生食用であっても急速冷凍で冷凍食品とは思えないほどの鮮度を保つことができるようになりました。手間もかからずにおいしいものを提供することができ、さらにリーズナブルな価格なので安く提供できることもつながってきます。さまざまな形で加工されて販売されているので、業務用のあじを通販で仕入れる際の注意点としては目的に合わせた形で手に入れる必要があります。刺身用として使いたいのであれば、皮をはいだ状態で仕入れなければ手間がかかることになってしまいます。また、カットされている状態であれば、そのまま解凍をしてすぐに提供することにも役立ってきます。用途によっては、フライ用であってもカットして欲しい大きさが違うことになります。三枚に開いた状態のままであれば、大ぶりな切り身は飲食店でメインディッシュとして提供する際には見栄えを出すことができるのですが、お酒のおつまみとして出したいという場合や、シェアして食べてもらうような場合、お弁当のおかずとして利用したいという場合には、食べやすさも考えて一口大にカットされているものを選んで手に入れてみるといいでしょう。